フロアコーティングや住宅設備は任せて安心|住宅事情をサクッと解決

コーティングの必要性

トイレコーティングはなぜ必要なのか

綺麗な部屋

コーティングという言葉が流行っています。最近は、住宅のあらゆる部分をコーティングすることが普通になってきていますが、トイレもその例にもれずコーティングをする人が多いようです。そもそもコーティングをするのはどういう理由なのでしょうか。 コーティングは、その表面を膜で覆うことで表面を傷つけることを防ぐために行うのです。トイレの場合は一見傷がつきにくいように見えますが、実は意外と傷がつきやすいのです。 よく、長年使っているトイレには水垢が溜まってしまい、色が変色していることがあります。トイレの洗浄剤をつかってブラシでゴシゴシと洗い流しても思ったようにはとれません。その理由は、便器の表面には目に見えないキズが付いており、そこに垢が貯まってしまっているからなのです。

業者に頼む場合の注意点

トイレコーティングが必要だからと言っても、素人ではなかなかきれいに汚れを落とすのは難しいのです。そこで、トイレコーティングの業者を呼んで、表面をきれいにコーティングしてもらうという方法があります。この場合、注意するべき点は業者によって同じ施工でも料金が異なる点です。A社とB社がある場合施工内容が同じ場合でもA社のほうが1万円高いことがあります。この価格差には様々な理由がありますが、一番の違いは人件費です。つまり、施工する人が優秀な腕を持っている場合には費用が高い可能性があるということです。 ただ、それとは別に悪徳業者の存在もありますので注意が必要です。悪徳業者は相場よりも随分高いお金を取りますので、見積もりの段階で3,4社比較する必要があります。